猫背を直してカッコよく洋服を着るワークショップ

ファッションバイヤー、ブロガーのMBさんが運営するMBLABOで生まれた「猫背を直してカッコよく洋服を着るワークショップ」です。

体感するマネジメント

f:id:cu2moro:20181028161218j:image

https://kouenplus.com/profile/jeff_berglund/

 

ジェフ・バーグランドさんの講演会に出席しました。

彼はアメリカの生まれで、今は京都在住。世界から見た日本、日本から見た日本を解説していただきました。

その中で触れられていたことをひとつご紹介します。

みなさん、江戸時代の日本語にはどれくらいの言語数があったかご存知ですか。

江戸時代にはおよそ20,000の言語があったそうです。

では、現在の日本はいくつくらいでしょう。

およそ6800です。これは週に2つの言語がなくなっている計算になります。

確かに今の日本は「ヤバイ」だけで1日くらい過ごせそうな気もします。ヤバイですね。


さて、言葉がなくなるとはどういうことでしょうか。

 

言葉がなくなるとは、文化がなくなるということです。

 

文化の構造はタマネギ型に例えられます。

 

核となるのは「価値観」

その周りを覆うように「言葉」

外側に「モノ」がきます。


ここで肝要なのは、核である価値観から動かないと文化は機能しないということです。

 

 

お客さんの価値観を無視してモノを売ることを第一に考えるセールス。いずれお客さんは離れていくでしょう。

 

言葉でまくしたてる。SNSは炎上し一時的に人が集まろうとも、すぐに去っていくでしょう。

 


この発想に大いに共感しました。そして、同じ考えが武道の動きにも当てはまります。

 


人の動きに最も大切なのが身体の「軸」

続いて「筋肉」

最後にインパクトを伝える「手」


どれだけ手を硬く握り締めても、軸がブレてしまっては強いインパクトは与えられない。

 

どれだけ腕力があっても、軸がブレてしまってはボールは遠くに飛ばせられない。


さらに言うと、軸から動いた人間の身体は、驚くほどの力を発揮します。これを求めて行くのが武道であり型です。

 

これらを活かし、「体感するマネジメント」も実践していく予定です。

 

 

 

 

ヤバいことになりそうです。